ヨーロッパ旅行記Nr29. 市場とのみの市めぐり

今日は、ナッシュマルクト(Naschmarkt)という市場と、蚤の市に行く予定です。

地下鉄U1に一つ乗って、カールスプラッツ駅から、テクテクと歩いて行きます。

 

暫くすると、市場の入り口が見えてくる。

ナッシュマルクト。ナッシュとは、美味しいところをつまみ食いするという意味だそう。

美味しいものの市場、ですね。

外国の市場というものに一度行ってみたかった私は大興奮!

このナッシュマルクトは18世紀から続くウィーン最大のマーケットで、約500mも続きます。

 

 

色とりどりの野菜や果物を売る八百屋さん、いろんな種類のオリーブの実を売るお店、エスニック食材、酢専門店、お惣菜、、などなど、もう、目移りしちゃいます!

行ったのは丁度土曜日。人も多くてにぎわっている〜♪

 

実はこのナッシュマルクトも、事前にテレビ番組で見ていたので、その番組に出ていた八百屋さんを発見して喜ぶ。

もも:ほらほら、テレビに出ていたホッカイドウという名前のかぼちゃ、あるね〜〜。

オット:あはは、本当だ、あったあった。

もはや、確認の旅。

 

 

その後も、番組に出ていた酢専門店などを見る。

何か食べ歩きでもしようか、と言っていたんだけれど、朝食食べてからそんなに経っていないのでお腹も空いてなく、また、帰りに考えようということにして、その先の、蚤の市に向かう。

 

広――く開けた場所に出ると、広大な蚤の市が・・!

土曜日(6301800頃まで)しか開催してないので丁度良かった〜。

本格的な高級アンティークから、ガラクタ?のようなものまで、ものすごいお店の数。

スリも多いみたいなので、バッグをしっかり持って、気を抜かずにしてなくちゃ。

 

 

オットのお目当ては中古レコード。

しばらく歩くと、あったあった、中古レコード屋さん。

みんな、探してるね〜。

オットも段ボールの中に沢山入っている中古レコードを順番に見ている。

 

 

私のお目当ては、キッチン棚の扉に取り付ける取っ手。

ヨーロッパのものって可愛らしい取っ手が沢山あるから、ここで見つけられればいいな〜なんて思いながら歩いていると、まさに、私が求めていた取っ手・・!

というような、陶器でできて、好みの青色の模様が入った取っ手を発見!!

 

これ・・!これ、欲しい!私、これ買ってもいい?

値段聞いてみる・・・!

もも「Was kostet das? これはいくらですか?」

店員のおばさん「一つ、●€」

もも「10個買うからもう少し安くして」

店員のおばさん「OK

やった!少し安くしてもらった!そして、袋はあるかどうか聞かれたので、リュックを見せて、これに入れるから大丈夫と伝える。

 

わーい、蚤の市でいいもの買えた〜、しかも交渉もできた〜♪楽しい!

ちょっとリュックが重くなったけれど、幸せの重みだわ〜。

 

つづく。

 

JUGEMテーマ:ウィーン