ヨーロッパ旅行記Nr33.ウィーン4日目 シェーンブルン宮殿

朝早く起きて、今日は午前中からシェーンブルン宮殿に行く予定です。

ホテルから外に出ると、とっても良い天気で、晴れ渡った空が綺麗!

地下鉄に乗る前に、シュテファン寺院の写真を撮る。晴れているから綺麗に撮れるね。

 

シェーンブルン宮殿

 

まず、U1に乗って、1つ目、カールスプラッツ駅(Karlsplatz)へ。そこからU4

に乗り換えて、シェーンブルン宮殿駅(Schönbrunn)へと向かいます。

地下鉄がガラガラに空いていたので、電車の中で写真を撮る。やった〜、電車内の写真が欲しかったんだよね〜。この、広告がない、シンプルだけど、色はカラフルな電車内。

 

ウィーン地下鉄の中

 

 

地下鉄だけど、途中、上に出るところがあって、やっぱり光が入ると気分がいいな〜と思う。

六つ目なので、あっという間に到着。

駅からすぐなんだけれど、いまいちどうやって行ったらいいのかよく分からず、他の人が歩いてる方向について行くことにする。

 

宮殿の敷地の横を歩いているんだろうな〜というような場所を歩く。

黄色い壁がずっと続く、広い歩道のようなところをワクワクしながら歩く。

 

ようやく、入り口に辿り着いたみたい!

とりあえずここらへんで写真を何枚かとり、ベンチに座ったり、足元を写したりとちょっとはしゃいでから、チケット売り場の方へ行く。

 

 

 

このとき、まだ10時頃(1009)だったからか、多少並んではいたけれど、そんなに並ばずにすぐにチケットを購入できました。

私たちが買ったチケットは、インペリアルツアーという、公開している部屋のうち、27室のみ見学11.50€というチケット。ちなみに全室見学のグランドツアーは14.50€。

このチケットも、オットがすんなり購入してくれた。

 

 

宮殿の中を見学するときには、荷物を預けなければいけないようで、入るときに荷物を預ける。そして、いよいよ宮殿の中へ!

※ウィーンで最も多くの観光客が訪れるシェーンブルン宮殿。

 

それはそれは豪華絢爛なお部屋の中・・!息が詰まるほど。

こんな豪華なお部屋で暮らしてたんだね。

日に当たらないようにするためか、ほとんどの窓から光が入らないようになっていたので、ちょっと息苦しかった〜。

私たちの入ったインペリアルツアーは1時間ほどで終わりました。グランドツアーは1時間30分くらいかかるみたい。

 

宮殿内見学を終えて、今度は広大な庭園へ!

は〜〜〜〜っ!広いっ!広すぎるっ!!

 

シェーンブルン宮殿のお庭

 

宮殿側から、庭園の方を見ると、本当に遥か彼方まである。すごいな〜。

そして、植物もとても綺麗に整備されている。

ベンチに座ってホッとする。

キーンと張り詰めた秋から冬にかけての空気が気持ちいい。

 

ベンチで少し休んでから、庭園の小高い丘の上にあるグロリエッテ(展望台)を目指して歩いてみる。結構な坂道で、はぁはぁ言いながら()20分くらいかけて登る。

 

途中、動物園を見つける。動物園もあるんだね〜。今回は行かないけど。なんて話しながら。

 

グロリエッテに到着〜〜!

わーお、いい眺め〜〜!

 

 

宮殿の向こう側にはウィーンの市街が広がっている。お天気だからよく見える〜♪

しばらく景色に見とれる。

 

オットは、街の景色を見て、あそこがあの建物で、あっちがあれでしょ、なんていうのがすごく好きだから、ここでもそれがまた始まった。

シュテファン寺院っぽいのが見えたんだけれど、それがどうも違うようにも見えて、二人でそうじゃないか、でも違うんじゃ、と何度も言い合う。

 

グロリエッテにあるカフェにも入れたら入ろうか、なんて話してたんだけれど、満員で入れなかった。ま、いっかと、下ることにする。

 

下る途中にある横道の並木道がとても綺麗。。

私は、秋から冬にかけての、葉っぱが落ちている木々がとても好き。何とも言えない切ないような、幸せな気持ちになる。ヨーロッパの木々、カラカラの落ち葉。


 

テレビで見た、噴水の裏側を見て、ここだここだなんて話しながら、楽しく下に降りる。

さて次はランチへ向かいます。

 

JUGEMテーマ:ウィーン